結婚式に出席するときのマナーのある服装

結婚式に出席するときは、その服装に気を付けなければいけません。
最近は昔と違って価値観が少しづつ変わってきましたが、それでもおめでたい正式の場なので、マナーを守ることは大切です。
まず女性は、ほとんどの人が洋装スタイルを選びます。
華やかな場なのでそれなりの服装となりますが、昼間の結婚式では露出の少ないことが基本です。
そして、白に近い色のドレスはタブーとなります。
それはウェディングドレスが白であることから、花嫁とかぶらない気配りとなっています。
男性の場合は、若い人で黒のフォーマルスーツを着ない人が多くなりました。
これは時代の傾向にあり失礼には当たりませんが、グレーや紺色などの落ち着いた色を選びましょう。
またビジネススーツといった雰囲気にならないために、ネクタイを光沢のある明るい色にしたり、ポケットチーフを用意することでフォーマルな印象となります。
あくまでも結婚式の主役は花婿・花嫁となり、そのおめでたい雰囲気を壊さないのが出席者の服装でもあるのです。