結婚式の服装のマナーについて

結婚式の服装のマナーについて、紹介します。
女性が招待された場合には、新婦よりも目立たないファッションを心がけます。
あくまでも主役は新婦なので、新婦を引き立たせることが出来るドレスや着物を選びます。
花嫁の色は白なので、白以外のドレスを着ることも大切です。
また黒は喪服を連想させてしまうことがあるので、全身黒のコーディネートは避けます。
肌は露出し過ぎないで、肩だしドレスはストールを羽織るようにします。
パーティーシーンを意識したヘアスタイルとメイクで、派手すぎず地味過ぎない雰囲気にします。
男性も同じように、新郎よりも目立つことがないファッションを選びます。
裾がダブルのパンツはマナー違反になり、ブラックのフォーマルスーツが一般的です。